鹿島アントラーズとレアル・マドリードのガチンコ勝負が決定!

FIFAクラブワールドカップ2016

2016年FIFAクラブワールドカップで、とんでもない事が起こりました。
なんと、決勝で我がJリーグの鹿島アントラーズとレアル・マドリードがガチンコ勝負をすることになりました。

ハッキリ言って、アジア王者ではなく開催国王者として出場している鹿島アントラーズが決勝まで行くとは誰も予想してなかったでしょう。(アジア王者は韓国Kリーグの全北)
他のクラブの警戒も薄かったでしょうし、世界も注目してなかったと思います。

しかし、大会が始まってみると破竹の3連勝で決勝まで進みました。
しかも、3戦目の準決勝の相手は南米王者のアトレティコ・ナシオナルです。
あのサンパウロFCやロサリオ・セントラルを破って南米のチャンピオンになったアトレティコ・ナシオナルに3-0で勝ったんです。

Sponsored Link

世界が注目する大会でのガチンコ勝負

クラブワールドカップはFIFAが主催する世界的にも価値のある大会です。
過去のヨーロッパチャンピオンの出場メンバーを見ても、主力の温存などあり得ないことが分かります。
現に、本日15日に行われた準決勝のクラブ・アメリカ戦のレアル・マドリードのメンバーは

スターティングメンバー

GK ケイラー・ナバス
DF ダニエル・カルバハル
DF ラファエル・バラン
DF ナチョ・フェルナンデス
DF マルセロ
MF トニ・クロース
MF カゼミーロ
MF ルーカス・バスケス
MF ルカ・モドリッチ
FW クリスティアーノ・ロナウド
FW カリム・ベンゼマ

サブメンバー

GK キコ・カシージャ
GK ルベン・ヤネズ
DF ペペ
DF セルヒオ・ラモス
DF ダニーロ
MF ハメス・ロドリゲス
MF マテオ・コバチッチ
MF マルコ・アセンシオ
MF イスコ
FW ファビオ・コエントロン
FW マリアーノ・ディアス
FW アルバロ・モラタ

と、完全に勝ちに来ていることが分かります。(ベイルは怪我のためにメンバー外でした。)

親善試合やアジアツアーなどで、ヨーロッパのビッグクラブとJリーグのクラブが交流やマーケティングを目的とした試合をする事はあります。
しかし、クラブワールドカップは違います。
世界中のクラブが本気で優勝を獲りにきます。
Jリーグのクラブとヨーロッパのビッグクラブが、本当の意味でガチンコの試合をするのは史上初めてではないでしょうか。

Sponsored Link

この舞台に鈴木優磨が最高のお膳立て

南米チャンピオンのアトレティコ・ナシオナルとの準決勝の試合で、3点目を決めた鈴木優磨がこの決勝の最高のお膳立てをしています。
ゴールを決めた後のパフォーマンスで、クリスティアーノ・ロナウドのゴールパフォーマンスを模倣したのです。
あの、両手両足を広げ仁王立ちになり雄たけびを上げる有名なポーズです。

それに対して、レアル・マドリードのあるスペインをはじめ世界のメディアが反応し報道しました。
このリスペクトとも宣戦布告とも取れるアクションに、クリスティアーノ・ロナウド自身の心にも火がついたのではないでしょうか。

テレビ放送

決勝の模様は、日本テレビ系で2016年12月18日の19:00から放送されます。

Sponsored Link

-サッカーニュース